犬の車椅子と病気

犬の車椅子と病気

愛犬に車椅子が必要となる原因について、老化(筋量低下)若しくは事故・病気(疾患)が考えられます。

老化のスピードは体型に依存し、小型犬→中型犬→大型犬の順番で老化の速度が速くなります。

 

犬の車椅子が必要となる病気(疾患)について纏めましたので、参考にして頂ければと思います。

『散歩中の歩行がおかしい?』・『散歩中に行きたがらない?』・『元気がない?』と感じたら、病気(疾患)の可能性があり

歩行に関して問題がある場合の病気は、大きくは『関節/骨の疾患』 ②『神経/脳の疾患』となります。

①『関節/骨の疾患』

疾患名:変形性関節症・膝蓋骨脱臼・股関節形成不全・肘関節形成不全等々

○○関節症 / ○○形成不全 :関節に痛みを伴うので動きが緩慢になります。

○○脱臼                               :無症状も多いので発見しずらいです。(スキップの様な歩行)

初期症状:動きがおかしい?若しくは元気がない?です。

対策:ダイエットによる関節への負担軽減・適度な運動による筋力UP(運動制限をしない方が良いケースが多い。)

但し、過度な運動はダメですので、獣医さんの指示を仰ぐのが一番です。

進行すると関節の屈伸(曲げ伸ばし)に影響を及ぼし、歩行困難がになりますのでおかしいと思ったら早めの対処が必要です。

②『神経/脳の疾患』

疾患名:椎間板ヘルニア・頸部椎間板ヘルニア・馬尾症候群・変性性脊髄症等々

○○ヘルニア:脊髄が圧迫され、痛みを伴います。(頭に近い所から頸椎・胸椎・腰椎、頭に近いほど重症化します。)

初期症状:ヘルニア等痛みを伴う疾患が多く、患部を触れられる事を嫌がります。/動きも緩慢になります。

対策:椎間板ヘルニアになりやす犬種があり、早期の手術が有効(再発防止)です。

中枢神経に伴う疾患は重症化すると歩行不可となりますので、早めに獣医さんの指示を仰いで下さい。

 

犬種と疾患名

犬種                                     疾患名

ボーダー・コリー                              股関節形成不全

ボクサー                                    変形性脊椎症肘関節形成不全

ペキニーズ/ ポメラニアン                        肘関節脱臼・膝蓋骨脱臼

トイプードル/パグ/チワワ/マルチーズ/ミニチュア・ピンシャー    膝蓋骨脱臼

ブルドック                                                                     肘関節脱臼・膝蓋骨脱臼・股関節形成不全椎間板脊柱炎

ビーグル/ジャーマン・シェパード                                     椎間板疾患

ゴールデン・リトリーバー                                                   股関節形成不全・肘関節形成不全

ラブラドール・レトリーバー                                                  多発性関節炎・骨関節炎・股関節形成不全・肘関節形成不全

コッカー・スパニエル                                                      椎間板ヘルニア・変形性脊椎症

ウェルッシュ・コーギー                                                      会陰ヘルニア(未去勢オスに発症)

キャバリエ・スパニエル/ミニュチュア・ダックスフント                   椎間板ヘルニア

 

 

愛犬の頼りは飼主さんだけですので、無理をせずに一緒にがんばりましょう!!